自由貿易は宗教に近い…トッド氏

自由貿易は民主主義を滅ぼす エマニュエル・トッドが訴える保護貿易

(GLOBE+) 2019/04/14 07:00

(GLOBE+)

「自由貿易は、民主主義を滅ぼす」――。約10年前、自由貿易を擁護する主流経済学者に挑戦するかのようなタイトルの本が、話題を呼んだ。著者は、フランスの歴史家で人類学者のエマニュエル・トッド氏(67)。「世界各地で起きている格差拡大の一因は行き過ぎた自由貿易政策にある」として、自由貿易から保護貿易への移行を提言してきた。米中二大国の対立で自由貿易の意義が問い直されている今、世界的な「知の巨人」は何を考えるのか。3月、パリの自宅を訪ねた。(聞き手・笠井哲也、写真も)

続きを読む

新着トピックス一覧

経済のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る