東京円下落 2週間ぶり110円台

円下落、110円台=2週間ぶり―東京市場

(時事通信) 09月13日 12:23

 13日午前の東京外国為替市場の円相場は、約2週間ぶりに1ドル=110円台に下落した。北朝鮮をめぐるリスクへの懸念後退や、米国での大型ハリケーンの被害が当初予想より小さくなるとの見方から、投資家心理が改善。安全資産として買い進まれていた円を売り、ドルを買い戻す動きが広がった。正午現在は110円03〜03銭と前日比52銭の円安・ドル高。

続きを読む

新着トピックス一覧

経済のトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る