米オピオイド訴訟 大手4社が和解

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、審理取りやめ

(ロイター) 2019/10/22 00:25

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、製薬会社大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。写真はオピオイド系鎮痛剤。ユタ州プロボで2017年4月撮影(2019年 ロイター/George Frey)

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、製薬会社大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。写真はオピオイド系鎮痛剤。ユタ州プロボで2017年4月撮影(2019年 ロイター/George Frey)

(ロイター)

[クリーブランド(米オハイオ州) 21日 ロイター] - 米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、医薬関連大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る