「佃權」練り物製造から撤退へ

築地の老舗「佃權」、練り物製造から撤退へ 作り手不足

(朝日新聞) 05月19日 19:48

青が基調の看板が特徴的な築地市場場外の「佃權」=東京都中央区築地4丁目

青が基調の看板が特徴的な築地市場場外の「佃權」=東京都中央区築地4丁目

(朝日新聞)

 1868(明治元)年から続く練り物の老舗、築地(東京都中央区)の「佃權(つくごん)」(金子久利社長)が6月末で製造販売から撤退することが、19日わかった。築地市場の豊洲移転問題など環境の変化に加え、練り物の手作り技術の継承者不足などが理由という。築地から、観光客にも愛されてきた名物店の灯が消える。

続きを読む

新着トピックス一覧

経済のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る