和牛受精卵なぜ大切?流出対策は

神戸ビーフの精液、国外流出を防ぐには

(神戸新聞) 2019/04/15 07:30

兵庫県畜産技術センターが管理する但馬牛の精液の凍結タンク。精液が入った数多くのストローが保管される(兵庫県提供)

兵庫県畜産技術センターが管理する但馬牛の精液の凍結タンク。精液が入った数多くのストローが保管される(兵庫県提供)

(神戸新聞)

 和牛の精液や受精卵を中国に不正に持ち出したとして、家畜伝染病予防法違反の疑いで、徳島県の牧場経営者ら3人が大阪府警に逮捕されました。国内の畜産農家はおいしさを極めようと、高品質の肉となる牛を選抜し、増やしてきました。その最高峰が「神戸ビーフ」になる但馬牛(うし)です。兵庫県の畜産農家は「大切な遺伝資源(精液や受精卵)が国外に流出すると大打撃を受けかねない」と危機感を募らせています。その訳とは−。(山路 進)

続きを読む

新着トピックス一覧

経済のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る