失業給付開始 1カ月短縮で調整

失業給付の開始を1カ月短縮へ 自己都合退職時、政府調整

(共同通信) 2023/12/09 00:46

霞が関の官庁街(手前)など

霞が関の官庁街(手前)など

(共同通信)

 政府は自己都合で退職した場合、失業給付の受給資格決定後から支給までの期間を、現行制度より1カ月短縮する方向で調整に入った。現在は受給資格決定後に7日間の待機を経てから原則2カ月後に支給開始しているが、原則1カ月後に改めるよう検討。迅速化することで、成長分野への転職など、早期の人材移動を促すのが狙い。関係者が8日、明らかにした。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る