40年には全新車EVとFCVに ホンダ

ホンダ、40年に新車全てをEVとFCVに 日本勢初の脱HV表明

(ロイター) 2021/04/23 17:20

 4月23日、ホンダは2040年に販売する新車を全て電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目標を発表した。写真はホンダのロゴ。ニューヨークで2018年3月撮影(2021年 ロイター/Shannon Stapleton)

 4月23日、ホンダは2040年に販売する新車を全て電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目標を発表した。写真はホンダのロゴ。ニューヨークで2018年3月撮影(2021年 ロイター/Shannon Stapleton)

(ロイター)

[東京 23日 ロイター] - ホンダは23日、2040年に販売する新車を全て電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目標を発表した。三部敏宏社長は会見で、売上高の増減にかかわらず今後6年間で総額約5兆円の研究開発費を投じることも明らかにした。世界的な脱炭素社会への流れを踏まえ、日本勢として初めて「脱HV」に踏み切る目標を掲げた。50年には全製品・企業活動を通じたカーボンニュートラルを目指す。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る