世界成長率予測を下方修正 OECD

OECD、今年の世界経済成長率を5.7%と予測 「支援策解除は尚早」

(ロイター) 2021/09/21 19:01

 9月21日、経済協力開発機構(OECD)は、最新の経済見通しを公表し、世界経済は急ピッチに回復する見通しだが、インフレが進行しても各国政府・中銀は景気支援策を解除すべきではないとの認識を示した。写真はパリのOECD本部。2009年9月撮影(2021年 ロイター/Charles Platiau)

 9月21日、経済協力開発機構(OECD)は、最新の経済見通しを公表し、世界経済は急ピッチに回復する見通しだが、インフレが進行しても各国政府・中銀は景気支援策を解除すべきではないとの認識を示した。写真はパリのOECD本部。2009年9月撮影(2021年 ロイター/Charles Platiau)

(ロイター)

[パリ 21日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)は21日、最新の経済見通しを公表し、世界経済は急ピッチに回復する見通しだが、インフレが進行しても各国政府・中銀は景気支援策を解除すべきではないとの認識を示した。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る