米スタバ 労組結成で不正と批判

米スターバックス、店舗労組結成投票で連邦労使委員会が不正と批判

(ロイター) 2022/08/16 13:01

 米コーヒーチェーン大手スターバックスは15日、全米の店舗で相次ぐ労組結成投票を巡り米労働法の独立連邦執行機関で、中立性を担保すべき全米労働関係委員会(NLRB)に不正行為があったと批判する書簡を送った。写真は、米ニューヨーク州バッファローにあるサービス従業員国際組合の加盟組織でのスターバックス組合への支持を示すボタンで2月に撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

 米コーヒーチェーン大手スターバックスは15日、全米の店舗で相次ぐ労組結成投票を巡り米労働法の独立連邦執行機関で、中立性を担保すべき全米労働関係委員会(NLRB)に不正行為があったと批判する書簡を送った。写真は、米ニューヨーク州バッファローにあるサービス従業員国際組合の加盟組織でのスターバックス組合への支持を示すボタンで2月に撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

(ロイター)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手スターバックスは15日、全米の店舗で相次ぐ労組結成投票を巡り米労働法の独立連邦執行機関で、中立性を担保すべき全米労働関係委員会(NLRB)に不正行為があったと批判する書簡を送った。同委員会のマックフェラン委員長とアブルッツォ法律顧問に送付した書簡をロイターが閲覧した。調査結果が出るまで全米での投票停止を訴えている。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る