gooニュースアプリなら速い、見やすい

米失業保険申請 小幅ながら改善

米新規失業保険申請90万件に小幅改善、雇用2カ月連続減の恐れも

(ロイター) 2021/01/21 23:03

米労働省が21日に発表した16日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は90万件と、前週の92万6000件から小幅ながら改善した。写真はアーカンソー州フォートスミスで失業保険申請に並ぶ市民ら。昨年4月撮影(2021年 ロイター/Nick Oxford)

米労働省が21日に発表した16日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は90万件と、前週の92万6000件から小幅ながら改善した。写真はアーカンソー州フォートスミスで失業保険申請に並ぶ市民ら。昨年4月撮影(2021年 ロイター/Nick Oxford)

(ロイター)

[ワシントン 21日 ロイター] - 米労働省が21日に発表した16日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は90万件と、前週の92万6000件から小幅ながら改善した。ただ、新型コロナウイルスの流行の勢いは衰えておらず、国内の雇用は2020年12月に続き、2カ月連続で減少する恐れがある。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る