遠隔ロボ 感染対策で関心集める

“対面”に遠隔ロボット、感染対策で脚光

(ニュースイッチ) 2020/02/24 10:26

“対面”に遠隔ロボット、感染対策で脚光

“対面”に遠隔ロボット、感染対策で脚光

(ニュースイッチ)

Enkac(東京都千代田区、星野裕之社長)が開発した遠隔サービスロボットが、新型肺炎の感染防止対策で関心を集めている。医師や看護師にまで感染が拡大する中、医療機関の安全・衛生対策が課題として浮上。「患者の検診などに使えないかという問い合わせが数多く来ている」(星野社長)。今後、レンタルも含め、医療機関での採用を働きかける。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る