高架下に住宅 JR東海が事業化へ

鉄道高架下が居住空間に JR東海グループ事業化へ

(共同通信) 2022/08/08 06:20

鉄道高架下にモデルルームとして設置されたコンテナハウスの外観=名古屋市の中央線鶴舞―千種間(JR東海提供)

鉄道高架下にモデルルームとして設置されたコンテナハウスの外観=名古屋市の中央線鶴舞―千種間(JR東海提供)

(共同通信)

 鉄道の高架下は騒音や振動がネックで、用途は駐車場や倉庫が中心だったが、防音防振の技術革新や駅周辺の再開発に伴い、居酒屋やスーパーが続々と進出した。JR東海は居住空間の可能性に着目。グループの名古屋ステーション開発とともに、コンテナハウスを活用した事業を模索している。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る