ANA 500億円超の業務改善なぜ?

コロナ禍のANAグループ 500億超の業務改善なぜ? 以前苦境は続くも売上は昨年比大幅UP

(乗りものニュース) 2021/08/01 11:10

ANAの旅客機(乗りものニュース編集部撮影)。

ANAの旅客機(乗りものニュース編集部撮影)。

(乗りものニュース)

「お客さんが乗れば以前より利益を出しやすい」とのことです。

固定費削減、便数や機材も適切配備

 航空会社のANA(全日空)、ピーチなどを傘下にもつANAホールディングスが2021年7月30日(金)、2022年第一四半期(2021年4月から6月)の決算を発表しました。新型コロナウイルス感染拡大により航空需要の大幅な低迷が続いており、純損益は511億円の赤字となるなど苦境は続いているものの、その赤字幅は昨年第一四半期と比べて576億円改善。売上高も前年比63%回復したといいます。状況は大きな改善が見られるといえるでしょう。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る