新変異株 OPECプラス影響精査へ

OPECプラス、新変異株の影響精査へ 2日に会合

(ロイター) 2021/12/02 07:45

 石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は12月2日に閣僚級会合を開く。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」や米国の備蓄放出が原油市場に与える影響を精査し、原油供給を増やすか、もしくは制限するかを判断する見通し。2020年4月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

 石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は12月2日に閣僚級会合を開く。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」や米国の備蓄放出が原油市場に与える影響を精査し、原油供給を増やすか、もしくは制限するかを判断する見通し。2020年4月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

(ロイター)

[ロンドン/モスクワ 1日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日に閣僚級会合を開く。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」や米国の備蓄放出が原油市場に与える影響を精査し、原油供給を増やすか、もしくは制限するかを判断する見通し。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る