妻の死後初 柄本が体当たり演技

柄本明、妻の死後初舞台 体当たり演技何度もおじぎ

(日刊スポーツ) 11月09日 06:58

ひょうひょうと演技する柄本明(右)と石倉三郎(撮影宮川舞子氏)

ひょうひょうと演技する柄本明(右)と石倉三郎(撮影宮川舞子氏)

(日刊スポーツ)

柄本明(70)主演の舞台「誰もいない国」(25日まで)が8日、東京・新国立劇場で初日を迎えた。10月27日に妻で女優の角替和枝さんが64歳で亡くなり、今月2日に自ら喪主を務めて家族葬も行ったが、その間の稽古は休まずに参加し、役作りに励んだ。後日、お別れの会を予定し、28日に所属事務所を通して「今はそっとしておいていただければ幸いです」とのコメントを出しただけで、直接話すことは控えていた。

続きを読む

新着トピックス一覧

エンタメのトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
  • 林田 尚親
  • 大谷 亮介
  • 倉科 カナ
  • ホーチャンミ
  • 星野 真里
  • 丸 純子
タレント一覧を見る 写真ニュースまとめ一覧を見る