gooニュースアプリなら速い、見やすい

エール 最終回は名曲歌唱の15分

朝ドラ史上初?「エール」最終回は異例のコンサート 古関メロディー全編15分!窪田正孝「一足早い紅白」

(スポニチアネックス) 2020/11/21 08:16

連続テレビ小説「エール」最終回は朝ドラ史上初(?)の全編コンサート。司会を務める窪田正孝と(下左から)「栄冠は君に輝く」で“師弟”コラボを披露する森山直太朗と山崎育三郎(C)NHK

連続テレビ小説「エール」最終回は朝ドラ史上初(?)の全編コンサート。司会を務める窪田正孝と(下左から)「栄冠は君に輝く」で“師弟”コラボを披露する森山直太朗と山崎育三郎(C)NHK

(スポニチアネックス)

 今月27日に放送されるNHK連続テレビ小説「エール」(月〜土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)の最終回(第120話)が、劇中登場してきた作曲家・古関裕而さんの名曲の数々をオールキャストで全編15分にわたって歌唱する「コンサート」になっていることが21日、明らかになった。本編のドラマパートは一切なく、朝ドラ最終回史上初とみられる極めて異例の試み。主演の窪田正孝(32)が司会を務める「『エール』コンサート」と題した特別編で、実際に東京・渋谷のNHKホールで収録。音楽の力を描き、本職のミュージカル俳優を多数起用した今作ならではの企画となった。ストーリー自体は前日26日、第119話で完結する。

続きを読む

新着トピックス一覧

エンタメのトピックス

  • 鈴木 彩加
  • 古川 琴音
  • 井上 和香
  • いきものがかり
  • 吉井 怜
  • 石橋 静河
タレント一覧を見る 写真ニュースまとめ一覧を見る