高齢者の骨折 連鎖止める対策を

高齢者の骨折 “連鎖”止める対策が急務に

(産経新聞) 01月11日 13:09

 骨粗鬆(こつそしょう)症で骨がもろくなったり、筋力低下で転びやすくなったりすることで起こる「脆弱(ぜいじゃく)性骨折」。中でも高齢者の大腿(だいたい)骨近位部(脚の付け根)の骨折は命に関わることがあるほか、寝たきりを招くなどQOL(生活の質)低下にもつながる問題だ。高齢化の進展で脆弱性骨折の患者は増加しており、対策が急務となっている。(平沢裕子)

続きを読む

新着トピックス一覧

生活術のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る