gooニュースアプリなら速い、見やすい

10年で2.4倍 出生前診断の現状

妊婦の7%受ける出生前診断、過去10年で2.4倍 その現状は

(NEWSポストセブン) 2019/12/07 16:00

安易な判断をすべきではない

安易な判断をすべきではない

(NEWSポストセブン)

 2011年にアメリカで始まり、日本では2013年に導入されたNIPT(新型出生前診断)は、採血だけで母子のDNAを分析でき、染色体異常(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー)の可能性を調べられる。

続きを読む

新着トピックス一覧

ライフのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る