認知症と誤解 高齢者の症状実は

高齢者のてんかん、認知症と誤解も 入浴時などに注意

(NIKKEI STYLE) 2019/02/21 11:00

子どものころに発症する病気と思われがちな「てんかん」だが、高齢になって初めて発症する患者が増えている。しかし高齢者のてんかんは、けいれんなどの激しい発作を伴わない患者が多く見逃されがちで、似た症状から認知症と間違われることも少なくない。適切な治療をすれば日常生活を支障なく送ることができるので、早期の発見や周囲の協力が大切だ。

続きを読む

新着トピックス一覧

生活術のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る