ハザードマップ 落とし穴と限界

西日本豪雨で注目も 洪水ハザードマップの“落とし穴”と限界

(日刊ゲンダイDIGITAL) 07月12日 09:26

一部水は引いたが…(岡山県倉敷市真備町)(C)共同通信社

一部水は引いたが…(岡山県倉敷市真備町)(C)共同通信社

(日刊ゲンダイDIGITAL)

 西日本豪雨は平成に入って最悪の被害をもたらし、死者は150人を超えた。住宅地が大規模冠水した岡山県倉敷市真備町では、倉敷市が作成していた洪水ハザードマップの「洪水浸水想定区域」と被害がおおむね一致。その評価を上げているが、専門家からは「ハザードマップの危険情報はザル。うのみにしたら逃げ遅れる」との声も上がる。一体どういうことなのか。

続きを読む

新着トピックス一覧

生活術のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る

OCNからのおすすめ

セキュリティ最新事情

おすすめセキュリティサービス

OCNニュース関連コンテンツ