室内で多く発症 猫の熱中症対策

猫の熱中症は室内での発症が多い、その症状や対処法

(NEWSポストセブン) 2019/07/26 07:00

猫の平熱は37.5〜39度前半で、40度を超えると熱中症と診断される。症状が進行するとけいれんを起こし、最悪死に至ることも(Ph:Getty Images)

猫の平熱は37.5〜39度前半で、40度を超えると熱中症と診断される。症状が進行するとけいれんを起こし、最悪死に至ることも(Ph:Getty Images)

(NEWSポストセブン)

 そろそろ梅雨も明け、本格的な夏がやってくる。連日、真夏日が続くこの時期は、人間だけでなく猫だって「熱中症」に注意が必要だ。そこで、猫における熱中症の症状や、もしなってしまった時の対処法などについて紹介する。

続きを読む

新着トピックス一覧

ライフのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る