寺・神社

ニホンミツバチ、京都の神社に巣 近年激減、専門家「珍しい」

ニホンミツバチ、京都の神社に巣 近年激減、専門家「珍しい」

(京都新聞)

05月16日 04:18

世界遺産「神宿る島」一括目指す

  • 運や癖も…東西の縁切りスポット

    05月13日 19:58

  • 熊本地震で倒壊 寄付で鳥居再建

    05月01日 10:04

  • 「お寺婚活」男女殺到の理由は

    04月30日 12:07

Wikipedia

寺院

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寺院(じいん、梵、巴: विहार vihāra)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である[1]。寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。

神社

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神社(じんじゃ・かむやしろ)とは、日本固有の宗教である神道の信仰に基づく祭祀施設[1]。産土神、天神地祇、皇室や氏族の祖神、偉人や義士などの霊などが神として祀られる[2]。文部科学省の資料では、日本全国に約8万5千の神社がある[1]。登録されていない数万の小神社を含めると、日本各地には10万社を超える神社が存在している。また、近畿各地には生国魂神社など創建が古い神社が多く存在する。[2]。

写真ニュースまとめ一覧を見る