認知症のニュース情報

 7月19日、富士フイルムは、軽度から中等度のアルツハイマー型認知症患者を対象とした開発中の治療薬「T−817MA」について、米国第2相臨床試験で、り病期間が短い患者の認知機能低下の進行を抑制するなどの効果を確認したと発表した。都内で先月12日撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 7月19日、富士フイルムは、軽度から中等度のアルツハイマー型認知症患者を対象とした開発中の治療薬「T−817MA」について、米国第2相臨床試験で、り病期間が短い患者の認知機能低下の進行を抑制するなどの効果を確認したと発表した。都内で先月12日撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

(ロイター)

  • お父さん…砂川さん死去で大山涙

    07月19日 07:43

  • どう「介護」?増える犬の認知症

    06月18日 21:07

  • 認知症の親が通販利用…対応策は

    04月14日 14:06

  • 大山のぶ代の夫 砂川啓介氏死去

    07月18日 12:38

  • 認知症疑い 事故の立件なぜ困難

    03月01日 16:50

認知症の関連情報

Wikipedia

認知症

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である[1][2][3]。認知症は犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される[1][3]。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る