ターゲット広告「ない方が」67%

ターゲット広告「ない方がよい」67%、巨大ITのデータ収集「弊害大きい」半数…読売世論調査

(読売新聞) 2021/10/14 06:42

 読売新聞社は15日から始まる第74回新聞週間を前に、新聞からインターネットまでメディア全般についての全国世論調査(郵送方式)を実施した。インターネット上の検索履歴などから利用者の興味に沿った商品やサービスの広告を表示する「ターゲティング広告」について聞くと、「不快なので、ない方がよい」が67%に上り、「便利なので、ある方がよい」の26%を大幅に上回った。

続きを読む

新着トピックス一覧

ライフのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る