副反応で解熱鎮痛剤どう使えば?

ワクチン副反応で解熱鎮痛剤の需要増 服用のタイミングを専門家に聞く

(AERA dot.) 2021/07/27 09:00

モデルナ製の新型コロナウイルスのワクチン (c)朝日新聞社

モデルナ製の新型コロナウイルスのワクチン (c)朝日新聞社

(AERA dot.)

 コロナワクチン接種の拡大に伴い、発熱や頭痛などの副反応を緩和する成分が含まれている解熱鎮痛剤の需要が伸びている。厚生労働省の研究班が発表した自衛官らの接種に関する調査結果では、モデルナ製ワクチンの2回目接種後、接種者の78%に37.5度以上の発熱がみられたという。解熱鎮痛剤はドラッグストアなどでも処方せんなしで手軽に購入できるが、専門家は「あくまでも、日常生活に支障をきたすようであれば使うもの」と語る。ワクチン接種後にどのように服用したらよいのか。これからワクチン接種を控える人に向け、副反応のとらえ方とあわせて、専門家に聞いた。

続きを読む

新着トピックス一覧

ライフのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る