コロナ禍での高齢者入院の難しさ

93才女性が1か月6万円の入院生活 生還果たすも激怒で退院

(NEWSポストセブン) 2021/04/19 11:05

「周りに悪態をつけるうちはまだまだ大丈夫」と話すオバ記者。写真は彼女の母親(撮影/野原広子)

「周りに悪態をつけるうちはまだまだ大丈夫」と話すオバ記者。写真は彼女の母親(撮影/野原広子)

(NEWSポストセブン)

 人と人との接触が難しいコロナ禍において、高齢者の入院は不安がつきまとう。体験取材でおなじみの女性セブンの名物ライター“オバ記者”こと野原広子の母親(93才)は、先日退院したばかりだという。オバ記者が、コロナ禍での高齢者の入院の難しさについて、告白する。

続きを読む

新着トピックス一覧

ライフのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る