気象庁のニュース情報

気象庁の関連情報

Wikipedia

気象庁

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

気象庁(きしょうちょう、英語:Japan Meteorological Agency、略称:JMA)は、国土交通省の外局である。気象業務の健全な発達を図ることを任務とする(国土交通省設置法第46条)。

天気予報

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

気象庁震度階級

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

気象庁震度階級(きしょうちょうしんどかいきゅう)は、日本で使用されている独自の震度階級。地震の揺れの大きさを階級制で表す指標である。単に震度ともいう。主に気象庁が中心となって定めたもので、2012年時点で、約4,300地点で観測が行われている[1]。過去に基準や段階が変更されたこともあるが、現在はほぼ揺れを感じない震度0から震度1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7までの10段階が設定されている[2]。地震の規模を示すマグニチュードとは異なる。

注意報

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

気象注意報(きしょうちゅういほう)とは、気象災害、水害、地盤災害、地震、噴火などの自然災害が起こるおそれがある場合に、気象庁が注意喚起のために発表する予報である。単に注意報とも言う。注意報対象の災害のうちいくつかは、より重大な災害が起こる恐れがある場合、気象警報(警報)が発表される[1]。

気象庁が命名した自然現象の一覧

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

気象庁が命名した自然現象の一覧(きしょうちょうがめいめいしたしぜんげんしょうのいちらん)は、日本に自然災害をもたらした自然現象のうち、気象庁が命名したものの一覧である。

写真ニュースまとめ一覧を見る