鹿児島の老人施設 6人相次ぎ死亡

鹿児島の老人施設6人死亡 介護職員は全員退職

(共同通信) 11月21日 12:47

入居者6人が相次いで死亡していたことが分かった住宅型有料老人ホーム「風の舞」=21日午後、鹿児島県鹿屋市

入居者6人が相次いで死亡していたことが分かった住宅型有料老人ホーム「風の舞」=21日午後、鹿児島県鹿屋市

(共同通信)

 鹿児島県鹿屋市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」で、10月から11月半ばにかけて入居者6人が相次いで死亡していたことが21日、分かった。8〜9月に介護職員8人全員が退職し、夜間は施設長がほぼ1人で対応していたという。県は施設の運営に問題がなかったかどうか、老人福祉法に基づき立ち入り検査した。施設側は県に対し、6人はいずれも病状が重く、病死だったと説明した。

続きを読む

新着トピックス一覧

社会のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る