gooニュースアプリなら速い、見やすい

心斎橋通り魔「無期」に遺族は涙

「被害者の命、軽視されている」 遺族が涙 大阪・南通り魔事件

(産経新聞) 2019/12/02 22:09

事件で亡くなった南野信吾さんの遺影を掲げ、判決後の記者会見に臨む遺族の代理人弁護士ら=東京都千代田区で2019年12月2日午後4時44分、山本将克撮影

事件で亡くなった南野信吾さんの遺影を掲げ、判決後の記者会見に臨む遺族の代理人弁護士ら=東京都千代田区で2019年12月2日午後4時44分、山本将克撮影

(毎日新聞)

 大阪・心斎橋の路上で平成24年6月、通行人の男女2人を無差別に刺殺したとして殺人罪などに問われ、1審裁判員裁判の死刑判決が2審で破棄され無期懲役となった礒飛(いそひ)京三被告(44)の上告審判決で、無期懲役とした2審判決が確定することになった。最高裁判決を受け、犠牲となった南野信吾さんの妻、有紀さん(49)が2日、東京都内で会見し、「こんな判決を聞くために7年半も待っていたわけじゃない。なぜ被告の権利ばかりが主張され、被害者の命が軽視されないといけないのでしょうか」と涙を見せた。

続きを読む

新着トピックス一覧

社会のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る