地下鉄サリン「妹は視力奪われ」

「妹は視力も奪われ、苦しみなお」 地下鉄サリン事件24年

(毎日新聞) 2019/03/16 10:56

妹の幸子さんが自宅で使っていた車いすと、床ずれ防止の枕を見つめる浅川一雄さん=埼玉県で2019年3月9日、手塚耕一郎撮影

妹の幸子さんが自宅で使っていた車いすと、床ずれ防止の枕を見つめる浅川一雄さん=埼玉県で2019年3月9日、手塚耕一郎撮影

(毎日新聞)

 13人が死亡、6000人以上が負傷したオウム真理教による地下鉄サリン事件(1995年)から20日で24年。浅川一雄さん(59)の妹幸子(さちこ)さん(55)は重い障害を抱え、意思疎通も難しい。昨夏、同事件などに関与した教祖の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚ら13人全員の死刑が執行され、加害の中心的存在はこの世にいない。だが、浅川さんと幸子さんの苦しみは今も続いている。【川名壮志】

続きを読む

新着トピックス一覧

社会のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る