戦争

  • 「核戦争対応」の機 竜巻で損傷

    06月24日 16:32

  • ずっと一緒に…夫婦ともに百歳に

    06月23日 10:58

  • 水木しげるさん一度きりの大激怒

    06月18日 09:25

  • 沖縄「慰霊の日」激戦地で追悼式

    06月23日 12:36

  • 沖縄の不発弾処理あと70年必要か

    06月23日 09:49

  • 大田元知事告別式に多数の県民

    06月15日 14:43

Wikipedia

戦時国際法

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戦時国際法(せんじこくさいほう、Jus in Bello、英: Law of War)は、戦争状態においてもあらゆる軍事組織が遵守するべき義務を明文化した国際法であり、狭義には交戦法規を指す。戦争法、戦時法とも言う。ただし現代では国際連合憲章により法的には「戦争」が存在しないため、武力紛争法、国際人道法(英: International humanitarian law, IHL)とも呼ばれる。ここでは戦時国際法という用語を用いる。戦時国際法は、戦時のみに適用されるわけではなく、宣戦布告されていない状態での軍事衝突であっても、あらゆる軍事組織に対し適用されるものである。

写真ニュースまとめ一覧を見る