戦争のニュース情報

  • 文大統領訪中「歴史共闘」再燃も

    12月17日 11:15

  • 文大統領 南京事件に言及し追悼

    12月13日 21:06

  • 戦争「不可避に」北外務省が警告

    12月07日 10:23

  • 闇市が始まり 指宿線朝市終了へ

    12月14日 14:00

  • 南京事件80年 習主席演説はせず

    12月13日 13:34

Wikipedia

戦時国際法

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戦時国際法(せんじこくさいほう、英:Law of War)は、戦争状態においてもあらゆる軍事組織が遵守するべき義務を明文化した国際法であり、狭義には交戦法規を指す。戦争法、戦時法とも言う。ただし現代では国際連合憲章により法的には「戦争」が存在しないため、武力紛争法、国際人道法(英: International humanitarian law, IHL)とも呼ばれる。ここでは戦時国際法という用語を用いる。戦時国際法は、戦時のみに適用されるわけではなく、宣戦布告されていない状態での軍事衝突であっても、あらゆる軍事組織に対し適用されるものである。

写真ニュースまとめ一覧を見る