戦争のニュース情報

  • 対北で「戦争計画も」米国防長官

    01月18日 08:48

  • 首相、杉原千畝氏の「勇気」称賛

    01月14日 19:33

  • 生き残った老舗 ミキモトの哲学

    2017年12月20日 11:44

  • 法王 核戦争「ぎりぎりの地点」

    01月16日 17:22

  • 100年以上前に失踪 豪潜水艦発見

    2017年12月31日 11:29

  • 戦争前夜と今似ている…大林監督

    2017年12月26日 14:22

  • 戦争「不可避に」北外務省が警告

    2017年12月07日 10:23

Wikipedia

戦時国際法

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戦時国際法(せんじこくさいほう、英:Law of War)は、戦争状態においてもあらゆる軍事組織が遵守するべき義務を明文化した国際法であり、狭義には交戦法規を指す。戦争法、戦時法とも言う。ただし現代では国際連合憲章により法的には「戦争」が存在しないため、武力紛争法、国際人道法(英: International humanitarian law, IHL)とも呼ばれる。ここでは戦時国際法という用語を用いる。戦時国際法は、戦時のみに適用されるわけではなく、宣戦布告されていない状態での軍事衝突であっても、あらゆる軍事組織に対し適用されるものである。

写真ニュースまとめ一覧を見る