戦争のニュース情報

  • 86歳元生徒らに「卒業証書」沖縄

    10月09日 10:59

  • 長崎の被爆者、反核の座り込み

    10月09日 15:48

  • 「命のビザ」宮崎出身外交官も?

    09月04日 17:11

Wikipedia

戦時国際法

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戦時国際法(せんじこくさいほう、英:Law of War)は、戦争状態においてもあらゆる軍事組織が遵守するべき義務を明文化した国際法であり、狭義には交戦法規を指す。戦争法、戦時法とも言う。ただし現代では国際連合憲章により法的には「戦争」が存在しないため、武力紛争法、国際人道法(英: International humanitarian law, IHL)とも呼ばれる。ここでは戦時国際法という用語を用いる。戦時国際法は、戦時のみに適用されるわけではなく、宣戦布告されていない状態での軍事衝突であっても、あらゆる軍事組織に対し適用されるものである。

写真ニュースまとめ一覧を見る