労働災害・過労死のニュース情報

  • TDL着ぐるみ女性 激痛で労災認定

    11月22日 08:02

  • 記者の「裁量労働制」問題を検証

    11月15日 21:41

  • 過労が蔓延 ゼネコンの重い責任

    10月30日 10:18

  • 全国紙など3社「過労死あり」と

    10月17日 11:14

労働災害・過労死の関連情報

Wikipedia

過労死

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

過労死(かろうし、英:karōshi,overwork death)とは、長時間の残業や休みなしの勤務を強いられる結果、精神的・肉体的負担で、労働者が脳溢血、心臓麻痺などで突然死することや、過労が原因で自殺することなどである。過労・長時間労働は、うつ病や燃え尽き症候群を引き起こしがちで、その結果自殺する人も多いので、「過労自殺」も含む用語としてしばしば使われる。2002年には、オックスフォード英語辞典にも掲載されたが、overwork deathでも英語で通用する[1]。これは日本の人余りや物価が上がらないデフレ状況下で起きる労働環境を表すと同時に、日本以外の世界にも広がっている働きすぎに起因する健康破壊を端的に表す言葉になってきたことである。労働コストを安くして、商品やサービスの値段を下げることで安い商品を好む消費者に選ばれることがデフレ状況下の企業にとって合理的な行動になる。更にサービスは価格に込みになっているので価格が安いところでは受けられるサービスもそのレベルであることが世界では当たり前である。日本ではコストに対して「お客様は神様」的な過剰サービスと万全なサービスを追求する「一度でもひどい顧客サービスを受けたら直ちに別の会社に替える」日本の消費者側の姿勢のために日本の非製造業での労働性がG7最下位であり、万全を求められる労働者は睡眠時間を削りながら長時間働することになっている。スーパーマーケット・コンビニ・百貨店など流通業界で働く人の70%が客から暴言や長時間の説教、土下座など謝罪の強要や晒しの脅迫といった悪質な行為などを受けた経験があることがわかっている[2]。日本ではサービス受益者側から見れば非常に安くて便利なサービスが、そこで働いている者に長時間労働を常態化させているように、過労死の原因となる長時間労働の是正には他人が自分にしてくれるサービスに適正な価格を払わなければ受けられないとの意識が求められている。日本では企業の問題だけだと考えられがちだが、サービスを受ける「お客」側による過度な基準が負担となって労働環境の悪化させているため、消費者も労働者への過度な要望をやめることが大事だと指摘されている。インフレや失業率の低下による長時間労働や待遇に見合わない給与の企業の人手不足倒産・消費者側の労働者に対する意識改革で過労死も減少するとされている[3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14]。

労働災害

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

労働災害(ろうどうさいがい)とは、労働者の就業に係る建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等により、又は作業行動その他業務に起因して、労働者が負傷し、疾病にかかり、又は死亡することをいう(労働安全衛生法第2条1号)。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含む。一般には労災と略して呼ばれる。

写真ニュースまとめ一覧を見る