労働災害・過労死のニュース情報

労働災害・過労死の関連情報

Wikipedia

過労死

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

過労死(かろうし、英語: karōshi, overwork death)とは、働き過ぎによって死亡すること[1]。重い作業負荷と長時間労働を原因とする心血管発作(脳卒中、心筋梗塞、急性心不全など)による死亡、および関連する作業障害を指す社会医学用語である[1]。また過労自殺(Karojisatsu)とは、働きすぎ、ストレスフルな労働環境に起因する自殺[1]。過労・長時間労働は、うつ病や燃え尽き症候群を引き起こしがちで、その結果自殺する人も多いので、過労死に含むこともある。

労働災害

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

労働災害(ろうどうさいがい)とは、労働者の就業に係る建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉塵等により、又は作業行動その他業務に起因して、労働者が負傷し、疾病にかかり、又は死亡することをいう(労働安全衛生法第2条1号)。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含む。一般には労災(ろうさい)と省略して呼ばれる。

写真ニュースまとめ一覧を見る