職員自殺は労災 労基署判断覆す

病院職員自殺は労災 審査会、労基署判断覆す

(共同通信) 11月09日 15:43

 関東地方の国立病院機構の医療機関に勤務し、2016年に自殺した20代の男性事務職員=新潟県出身=について、国の労働保険審査会が労働基準監督署の判断を覆し、労災と認定していたことが9日、分かった。遺族の代理人弁護士が新潟市内で記者会見して明らかにした。長時間労働が原因でうつ病になり、自殺に至ったと判断した。

続きを読む

新着トピックス一覧

社会のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る