gooニュースアプリなら速い、見やすい

8572万盗難内部犯行 疑念の声も

元警部補「特定は今月」市民からは「遅すぎる」 広島中央署8572万円盗難

(毎日新聞) 2020/02/15 09:09

死亡した警部補の書類送検を受けて記者会見し、冒頭で謝罪する広島県警の鈴木信弘本部長=広島県警本部で2020年2月14日、中島昭浩撮影

死亡した警部補の書類送検を受けて記者会見し、冒頭で謝罪する広島県警の鈴木信弘本部長=広島県警本部で2020年2月14日、中島昭浩撮影

(毎日新聞)

 広島中央署で詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8572万円の盗難が発覚して約2年9カ月。広島県警は14日、内部犯行と結論づけ、同署の元警部補で既に死去した脇本譲容疑者(当時36歳)を窃盗容疑などで書類送検した。県警は記者会見で謝罪し、約2時間にわたって説明したが、容疑者が死亡しているため公判で立証されることはなく、県民からは「本当なのか」との疑念の声も上がった。【賀有勇、手呂内朱梨】

続きを読む

新着トピックス一覧

社会のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る