接種した医療者 コロナ報告数減

ワクチン接種後、コロナ報告数減 医療従事者、約12日後から

(共同通信) 2021/05/14 11:04

 国立感染症研究所が14日、国内で新型コロナのワクチンを接種した医療従事者では、接種して約12日後から新型コロナ感染症の発症の報告が減ったとの分析結果を明らかにした。接種後14日目以降の発症は、接種後13日以内と比べて約60%減った。接種が進むイスラエルで確認された減少効果と同じ傾向がみられるという。

続きを読む

新着トピックス一覧

社会のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る