感染しやすいインド株増加の懸念

英国株より「入院リスク2.6倍」 インド株が国内で置き換わる可能性も

(AERA dot.) 2021/06/22 08:00

JR新橋駅西口の繁華街の様子。緊急事態宣言解除後はこの人出がどのように変化するのか。それがリバウンドの行方を左右する (c)朝日新聞社

JR新橋駅西口の繁華街の様子。緊急事態宣言解除後はこの人出がどのように変化するのか。それがリバウンドの行方を左右する (c)朝日新聞社

(AERA dot.)

 世界的に主流になりつつあるデルタ株(通称インド株)。国内でも今後、アルファ株(通称英国株)から置き換わりが進む可能性が高い。従来株よりも増殖率も感染力も高いため、警戒を強めることが必要だ。AERA 2021年6月28日号から。

続きを読む

新着トピックス一覧

社会のトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る