gooニュースアプリなら速い、見やすい

娘わいせつ被害で命絶つ 憤る母

【独自】教員からわいせつ行為、命絶った女子生徒の母「慕う気持ち利用…許せない」

(読売新聞) 2020/11/23 12:44

昨年の女子生徒の誕生日に仏壇に供えられたケーキ。生前身に着けていた指輪も置かれている(遺族提供)※画像の一部を修整しています 【読売新聞社】

昨年の女子生徒の誕生日に仏壇に供えられたケーキ。生前身に着けていた指輪も置かれている(遺族提供)※画像の一部を修整しています 【読売新聞社】

(読売新聞)

 沖縄県で2013年、当時中学3年生だった女子生徒が男性教員からわいせつ行為を受け、その1年後に自ら命を絶っていたことがわかった。女子生徒は亡くなる直前まで、教員についての苦悩を医師に打ち明けていた。その死から6年。深い喪失感を抱えて生きてきた母親が今月、読売新聞の取材に応じ、「娘がどれだけ悩み、大きな傷を負ったかを知ってほしい」と言葉を絞り出した。(江原桂都、朝来野祥子)

続きを読む

新着トピックス一覧

社会のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る