雅子さま 柔らかドレスの理由

皇后雅子さまは、なぜ柔らかな素材のドレスをお召しだったのか 「ほぼ立ちっぱなし」の両陛下

(AERA dot.) 2024/03/03 09:30

午前11時40分から3回目の一般参賀で、にこやかにお手振りをする天皇ご一家。天皇陛下は朝から祭祀に臨み、両陛下は一般参賀の前後に宮殿だけで8回の祝賀行事に出席する=2024月2月23日、宮殿・長和殿(写真映像部・松永卓也)

午前11時40分から3回目の一般参賀で、にこやかにお手振りをする天皇ご一家。天皇陛下は朝から祭祀に臨み、両陛下は一般参賀の前後に宮殿だけで8回の祝賀行事に出席する=2024月2月23日、宮殿・長和殿(写真映像部・松永卓也)

(AERA dot.)

 天皇誕生日の2月23日、天皇陛下は全国から皇居に集まった約1万6千人から祝賀を受けた。宮殿のベランダには、皇后雅子さまと長女の愛子さま、秋篠宮ご夫妻と次女の佳子さまも立ち、参賀者からの大きな歓声に応えた。正装であるローブモンタントで手を振る女性皇族方。そのなかで雅子さまは、柔らかな布地のドレスをお召しだった。そこには理由があった。

続きを読む

新着トピックス一覧

社会のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る