甲状腺がん訴訟 東電は争う姿勢

甲状腺がん訴訟、東電は争う姿勢 被ばく線量はわずか

(共同通信) 2022/05/26 18:58

東京地裁が入る裁判所合同庁舎=東京・霞が関

東京地裁が入る裁判所合同庁舎=東京・霞が関

(共同通信)

 東京電力福島第1原発事故による放射線被ばくの影響で甲状腺がんになったとして、事故当時6〜16歳で、福島県に住んでいた男女6人が東電に計6億1600万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、東京地裁で開かれた。被ばくと甲状腺がんとの因果関係が争点で、東電側は争う姿勢を示した。

続きを読む

新着トピックス一覧

社会のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る