大阪都構想

03月01日 09:30

IR誘致、大阪府民6割が反対 調査

02月23日 03:36

堺市長選に清水元アナを擁立か

関連リンク

Wikipedia

大阪都構想

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大阪都構想(おおさかとこうそう)は、大阪で検討されている統治機構改革である。大阪府と、その域内にある政令指定都市である大阪市(または大阪市と堺市)を統合し、強力な広域行政体を設置することを目的とする。この場合、大阪市(または大阪市と堺市、または大阪市と堺市とその周辺の市)は廃止され、その領域には複数の特別区を設置するとされている[† 1]。「大阪府と大阪市の二重行政の解消」という枠組みという点から、「大阪府・大阪市合併」または「府市統合」ということもある[2]。 2010年に橋下徹(当時は大阪府知事)が立ち上げた地域政党大阪維新の会は、この構想を党是ともいうべき最重要政策として掲げ、推進した。大阪維新の会がとりまとめた大阪都構想の最終案では、大阪市を分割して5つの特別区を設置するとされている[3]。

写真ニュースまとめ一覧を見る