gooニュースアプリなら速い、見やすい

抑留者2万人分資料 カザフで発見

シベリア抑留2万人分資料を発見 カザフスタンで、厚労省入手

(共同通信) 2019/05/14 11:17

 厚生労働省は14日、終戦後に旧ソ連のシベリア地域などに抑留された日本人の氏名などを記した延べ約2万人分の資料が旧ソ連のカザフスタンで見つかったと明らかにした。同省は資料の写しを入手しており、日本側の資料と突き合わせるなどして抑留死亡者の身元確認を進める。

続きを読む

新着トピックス一覧

政治のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る