国交省 豪雨で治水計画見直しへ

<治水計画>国交省が見直し着手 記録的豪雨の急増に対処

(毎日新聞) 07月12日 12:05

西日本豪雨で決壊した小田川とその支流。温暖化で今後、同様の豪雨被害の増加も予想される=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月8日午後3時50分、本社ヘリから加古信志撮影

西日本豪雨で決壊した小田川とその支流。温暖化で今後、同様の豪雨被害の増加も予想される=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月8日午後3時50分、本社ヘリから加古信志撮影

(毎日新聞)

 国土交通省は、地球温暖化による豪雨の増加などを想定した治水計画の見直しを始めた。気候変動に対応する「適応策」として、河川の堤防整備などハード面を含めて検討するのは同省としては初めてだという。

続きを読む

新着トピックス一覧

政治のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る