政府、難民の受け入れ拡大を検討

政府、難民受け入れ拡大へ 倍増視野、20年運用目指す

(共同通信) 10月23日 10:28

第三国定住制度で来日し、教室で職員(奥右)から日本語を学ぶミャンマー難民=2011年2月、東京都新宿区

第三国定住制度で来日し、教室で職員(奥右)から日本語を学ぶミャンマー難民=2011年2月、東京都新宿区

(共同通信)

 政府は、母国を逃れ近隣諸国に滞在する難民を受け入れる「第三国定住制度」を改正し、入国枠を拡大する方向で検討することを決めた。人数は今後詰めるが、現行の「年約30人」の倍増を視野に入れる。ミャンマー難民に限定した対象国の拡大も検討。既に着手している地方への定住を、さらに促進する。首相官邸と関係省庁で協議し、東京五輪が開かれる2020年の運用開始を目指す。複数の政府関係者が22日、明らかにした。

続きを読む

新着トピックス一覧

政治のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る