小泉環境相「社会変革担当省だ」

初閣議後会見 小泉環境相「環境省は“社会変革担当省”だ」

新閣僚会見に臨む小泉進次郎環境相(11日午後9時7分、首相官邸で)=上甲鉄撮影 【読売新聞社】

新閣僚会見に臨む小泉進次郎環境相(11日午後9時7分、首相官邸で)=上甲鉄撮影 【読売新聞社】

(読売新聞)

小泉環境大臣は、初閣議のあとの記者会見で、冒頭で福島県の復興について触れ、「あす、福島県に行きます。現場主義で、福島の復興、東北の環境再生の取り組みをしっかりとやっていきたい」と述べました。 また、海洋汚染につながるプラスチックごみの対策について「世界への提言は日本にしかできないことで、国民運動にしないといけない。環境省は“社会変革担当省”だという意識で取り組みを進めていきたい」と述べました。 さらに、地球温暖化対策については、「イノベーションなくして達成はありえない。脱炭素社会を目指し環境問題に取り組むことこそがビジネスチャンスを生む。日本への新たな投資も呼び込んでいきたい」と述べ、技術開発を進めながら温暖化対策に取り組む考えを示しました。

新着トピックス一覧

政治のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る