gooニュースアプリなら速い、見やすい

首相の大学時代の「恩師」が苦言

安倍首相の成蹊大学時代の“恩師”が苦言 「首相としてもう少し知的になってほしかった」

(AERA dot.) 2020/09/09 08:00

成蹊大学名誉教授の加藤節氏(C)朝日新聞社

成蹊大学名誉教授の加藤節氏(C)朝日新聞社

(AERA dot.)

 成蹊大学名誉教授の加藤節(たかし)氏は、同大法学部の教員として2013年に退職するまで40年以上教壇に立ち続けてきた。数多くの学生を指導してきたが、その中に若き日の安倍晋三首相もいた。法学部政治学科の学生だった安倍首相は在学時に加藤氏の「政治学史」を必修科目として履修しているというが、加藤氏は「『優』や『不可』をつけた記憶がないから目立たない学生だったのだろう」と振り返る。そんな加藤氏からみて、「教え子」でもある安倍首相の電撃辞任と7年8カ月の政権運営はどう映ったのか。

続きを読む

新着トピックス一覧

政治のトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る