療養施設巡り48億円の税金パーに

菅首相、和泉首相補佐官の”肝いり”コロナ感染者用施設が宙に浮き 血税48億円がパー【現場ルポ】

(AERA dot.) 2021/05/09 10:00

官房長官時代の菅義偉氏と和泉洋人首相補佐官(C)朝日新聞社

官房長官時代の菅義偉氏と和泉洋人首相補佐官(C)朝日新聞社

(AERA dot.)

 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が東京、大阪、兵庫、京都で5月31日まで延長され、12日から愛知、福岡にも新たに宣言が発出される。

 全国で5月8日時点で確認された感染者は7043人に上り、北海道、群馬、新潟、石川、愛知、滋賀、岡山、香川、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分の13道県では一日あたりの感染者が過去最多となった。

 東京や大阪では連日、新規感染者が1000人を超え、病床の逼迫、医療崩壊が問題となっている。

 そんな中、菅義偉首相の側近である和泉洋人首相補佐官が「肝いり」で用意したコロナ療養施設が宙に浮き、計48億円もの血税がパーになったことがAERAdot.の調べでわかった。

続きを読む

新着トピックス一覧

政治のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る