政府とのズレ 尾身氏明かす苦悩

尾身茂会長、政府との危機認識のズレ抱えた苦悩 本音を告白、コロナ対策の裏側で起きていたこと

(東洋経済オンライン) 2021/09/15 06:00

尾身茂会長、政府との危機認識のズレ抱えた苦悩

尾身茂会長、政府との危機認識のズレ抱えた苦悩

(東洋経済オンライン)

「約1年半に及ぶコロナ禍で、何度もルビコン川を渡ってきた」

そう明かすのは、政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の尾身茂会長だ。専門家として何より必要なのは、サイエンスをベースにした社会的応用だと信じている。官邸や政府に煮え湯を飲まされながら、そのたびに歴史の審判に堪えうる科学者としての「インテグリティー(高い倫理性)」を貫いてきたつもりだ。時には政府批判とも受け取れる言葉を発してきた尾身氏だが、それも専門家としての「説明責任」だったと振り返る。

続きを読む

新着トピックス一覧

政治のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る