「戦後最短決戦」勝負かける首相

岸田首相、「戦後最短決戦」に勝負かける…解散から投開票まで17日間

(読売新聞) 2021/10/14 17:33

衆院解散についての質問に答える岸田首相(14日午前、首相官邸で)=飯島啓太撮影 【読売新聞社】

衆院解散についての質問に答える岸田首相(14日午前、首相官邸で)=飯島啓太撮影 【読売新聞社】

(読売新聞)

 今回の衆院選は、14日の衆院解散から31日の投開票まで17日間で、戦後最短の決戦になる。岸田首相(自民党総裁)は、菅内閣末期から回復した内閣支持率を維持し、勝利につなげたい考えだ。新型コロナウイルスの感染が収まっているうちに実施したいとの判断もあったとみられる。

続きを読む

新着トピックス一覧

政治のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る