衆院選新人候補は549人 過去最少

衆院選、新人候補は549人 現行制度で過去最少

(共同通信) 2021/10/19 19:50

 今回の衆院選に立候補した新人は549人で、前回より81人減った。小選挙区比例代表並立制が導入された1996年以降、最も少なかった。立憲民主党や共産党などの野党が210超の小選挙区で候補を一本化した影響とみられる。全候補者に占める割合は52.2%で、前回より1.2ポイント低下した。

続きを読む

新着トピックス一覧

政治のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る